読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dev.kokushin

HTML5、CSS3、JavaScriptを中心に、日々のプログラミングで得た知識をメモしています。

効率よく作業するために「Alfred Powerpack」を購入しました

Macの定番アプリケーションの一つ、「Alfred」の有料版である「Alfred Powerpack」を購入しました。

より快適に効率よくAlfredを利用するためには、「Powerpack」という拡張機能が必須です。この機能は無料のAlfredでは利用できないので、思い切って購入に踏み切りました。 学生時代からお世話になってるしそろそろね・・・。

Alfred とは

Alfred - Productivity App for Mac OS X

Alfredは、非常に優秀なランチャーアプリです。 実行したいアプリの名前や検索したいワード、計算式などをAlfredに入力すればあっという間に実行してくれます。Mac OS Xの「Spotlight」をパワーアップさせた感じでしょうか。

なので詳しい使い方はAlfredに聞けば教えてくれると思います(適当)

読み方はアルフレッドです。なんか頼れる相棒みたいな名前でステキですね。

Alfred Powerpack を使ってやりたいこと

おなじみ「Font Awesome」をイラレで使うときに、いちいちサイトからアイコン見つけて文字のコードコピーしてイラレで貼り付けて・・・ってやるのが面倒だったので、Alfredでささっとアイコン探してパッと貼り付けちゃいたいわけです。

で、色々探していたら「alfred2-font-awesome-workflow」という素晴らしいWorkflowを発見したのでこれはPowerpack購入するしかねぇなと!

ruedap alfred2 font awesome workflow  Font Awesome Workflow for Alfred 2

開発者さんの解説機はこちら↓ Font Awesomeのアイコンフォントを検索できるAlfred 2のWorkflowを作ってみた

ありがたや。

実際に使ってみた

さっそくAlfredに「fa fa-twitter」と入れてみると・・・

スクリーンショット 2016-02-02 11.17.32

で、出たー!

しかもそのままペーストできちゃったー!!

これはUIデザインが捗りそうです。

買って良かった Powerpack

有料版の購入はこちら。一番安いプランなら約2,200円で2台のPCまでインストールできます。 https://www.alfredapp.com/powerpack/#buy

ほかにも色々面白そうなWorkflowを見つけてどんどん試していきたいと思います。

せっかく有料版買ったんだからね。