読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dev.kokushin

HTML5、CSS3、JavaScriptを中心に、日々のプログラミングで得た知識をメモしています。

Node.js+Express+EJS+HerokuでWebアプリケーション開発 その2

Express Node.js

f:id:kokushin:20160405164300p:plain

前回はNode.js単体で「Hello, World!」を表示するサンプルを作りました。

今回以降は、Node.jsのフレームワークである「Express」とテンプレートエンジン「EJS」を利用して実際にWebアプリケーションを作成していきます。
まずは「Express」の環境構築と、動作確認までの手順をメモします。

package.jsonの作成

npm init

Expressのインストール

npm install express --save-dev

app.jsを作成

var express = require('express');
var app = express();

app.get('/', function(request, response) {
  response.send('Hello, World!');
});

var server = app.listen(7777, function() {
  console.log('Server runnning ...\nPort: 7777');
});

var express = require('express'); でexpress本体を読み込みます。
var app = express(); でExpressのApplicationオブジェクトを作成します。

app.get('/', function(request, response) ~ でルーティングを設定します。第一引数にパスを、第二引数に実行する内容を記述します。
上記のサンプルの場合、「localhost:7777」にアクセスしたら「Hello, World!」と表示されます。

var server = app.listen(7777, function() ~ ここでサーバー設定を行います。第一引数にポート番号、第二引数に処理が完了した時に実行される内容を記述します。

ターミナルから実行

node app.js

「localhost:7777」へアクセスすると、ブラウザ上に「Hello, World!」が表示されます。

次回

テンプレートエンジン「EJS」を組み合わせて開発を進めていきます。

その3 ↓

kokushin.hatenablog.com